スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

トキジイとプテラノドン

2016-06-17
プテラノドン
トキジイ制作過程
ひなは、トキジイに乗って樽口から佐渡へ飛んだが、もちろんトキに乗れるわけではない。
太郎杉とトキジイの表紙を早田優さんに描いてもらったとき、太郎杉とトキジイとひなをみんな目立つように入れるには
どうしようと考え、試行錯誤をしながら今の構図ができた。
目線は、トキジイより上だ。
鳥を上から撮った写真はあまりなかったので、構図を決めるのに相当手間取った。
僕の勝手な空想を、早田さんが見事絵にしてくれた。

ところで、人類はどこに向かって進化しようとしているのか?
トキジイを書いているうちに、それが少しだけみえたきた。
ヒントは翼竜プテラノドンにある。
プテラノドンは羽の左右の長さが最大12メートルと言われる。
でも体重は70キロしかないのだそうだ。
千年太郎の体重より、少し上なだけだ。
軽さの秘密は、骨が中空になっていること。つまり、空っぽなのだ。
恐竜は明らかに、大きくなることを進化の目標としていた。
人類はひとむかし前までは、増えることを目標にしてきた。
だから、いつも恋をし、発情し、子供を作り続けてきた。
いま、地球上が人類であふれかえっている。
ここにきて、人類は別の方向に向かって進化をはじめている。
それは、存在している時間を伸ばそうという進化の方向だ。
日本は、韓国に次ぎその最先端にいる。




スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://kazgon28.blog.fc2.com/tb.php/105-5fc9d74d

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。