スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

江戸東京野菜通信の大竹さんに大感謝

2016-05-31
江戸野菜ブログ
わさび田
わさびアップ
江戸東京野菜通信の大竹先生にブログで、「トキジイと太郎杉」を取り上げていただいた。
わざわざ、池袋ジュンンク堂まで本を買いに行かれたとのこと、感謝感激である。
大竹先生は「地産地消の文学」を目指す、千年太郎の師匠だ。
先日、大竹先生のご案内で、奥多摩のわさび栽培地を見学させていただいた。
丸い葉を見ているうちに「この丸い葉はどこかで見たことがある」と思うようになった。
見学の直後、父伊之助が倒れたので山形の置賜総合病院に見舞いに行った。
話すこともあまりないので(話しつくしたので)、わさび田の写真を伊之助に見せた。
「子の葉っぱは、鎮守様の隣の田んぼの土手に生えている。お前のかあちゃんが、とってきて食ったたことがある。
うめえもんだ。葉わさびといって、葉を食うんだ」
初めて聞く話だ。
看病を買って出てくれている叔父のカツオんちゃが「うん、これだ。家の池で育てようと引っこ抜いてきたことがあるが、
根はつかなかった。水が合わなかったのかもしんね」
これにも驚いた。
わさびは、江戸東京野菜42品目のうちのひとつ。
樽口村から忽然と姿を消した宗太夫が、実はこのまぼろしの葉わさびを持ち出してたりして。
このような家族の話をひきだしてくれるきっかけを作っていただいた大竹道茂先生には、お礼を申し上げたい。
スポンサーサイト
tag :

大石村ガレージ画廊閉幕なのか?

2016-05-30
矢尾さん
矢尾コロビヤ大使
大石村ガレージ画廊
大石村ガレージ画廊の矢尾さんから、メールが入った。
「心の絵の目的を求め、心のハイキング&心ヌードは十数年間開設、
6月~で画廊をとしては 一終幕に致します」
意味がよくわからないので、ご本人に電話した。
「本当にやめるんですか?」
「うん、僕には先が見えるからね」
「でも、池袋モンパルナスで、JRハイキングのコースになったりして大賑わいなのでは?」
「うん、たくさんきていただきました」
「で、どうしてやめるんですか?」
「今度会ったらお話します」
千年画廊とは兄弟画廊として歩もうと誓い、連絡を取り合ってきたので、ちょいとさびしい。
「トキジイと太郎杉」に登場する矢尾さんは、なぜかちょんまげを結っている。
明治なのに、だ。
今度お会いしたら、真相を聞いてみようと思う。
tag :

闘うマッキー

2016-05-26
油断大敵c
マッキーファイト
さて、「トキジイと太郎杉」の目次の欄に出てくる、謎のスキンヘッド。正体は、マッキーなのです。
マッキーは39歳。学生時代はボクシングでならしていた。
格闘技への思い絶ち難く、不惑を前にディファ有明で開かれたオヤジファイトに出場とあいなった。

ヘッドギアをつけているので、自慢のスキンヘッドは見えないが、代わりに和田良覚レフリーが輝きを増している。
この大会には70歳の男性もエントリーしたとか。
日本人の寿命はどんどん伸びている。
若かりし頃の夢をリング上で実現するのもよいものだ。
がんばれGRACHAN、負けるな1MC。
tag :

登場人物の今

2016-05-25
上海3人
フクロウひな
トキジイと太郎杉には、実在の人物がモデルとして登場します。
上海のタケちゃん=写真真ん中=は「僕もモデルになりたかった」と悔しがることしきり。
まあ、記念になりますからね。文人らしい発言です。
さて、トキジイに乘って佐渡まで飛んだひなちゃんは、今何をしているのでしょうか?
リサーチしてみました。
なんと、東京の下町でフクローバーを肩にのせ、ごきげんです。
登場人物たちの今を、順次たどっていくのは、とても楽しい作業なのです。
tag :

池袋ジュンク堂でも売れました

2016-05-23
ジュンク堂
ジュンク堂売れた
地産地消の文学、きょうも池袋で売れました。
なぬ!さくらじゃないか?いやあかねちゃんだよ。中村社長10年ぶりでした。
お買い上げありがとうございます。
tag :

トキジイと太郎杉が樽口で売れた!

2016-05-23
飯豊山
佐藤和美
わらび
チャリンコでディファ有明に向かっていたら樽口観光わらび園の和美君から、電話があった。
「いや、うれたうれた、本が2冊うれた」
ジーンときた。いよいよ、この物語の生まれた樽口で、ついに地産地消の文学が始まったのだ。
うれしいことこの上ない。
「部落の者みんな読みたがってるけど」
「全部に配ってくれ」
ありがたや、ありがたや。

tag :

宗太夫のその後

2016-05-22
宗大夫
kaneko.jpg
「トキジイと太郎杉」を読まれた七田厚さまが、早田優さんを通じて「宗太夫」はどうなったのだろうという疑問をもたれていると伺いました。ありがとうございます。非常に鋭いご指摘です。これは、次の物語へのフックとして残してあるのです。トンネル掘りの第一人者で、ひなと樽口に救いをもたらした人物です。なぜ、消えたのか?
千年太郎童話集と言ってますので、物語はどんな形になるかわかりませんが、続きます。どこかで宗太夫さんは出てきます。お楽しみに。ちなみに、宗太夫のモデルとなったのは、千年画廊の運営NPO法人の金子晴彦会長です。今も、岡山・矢掛町で農業をやりながら、写真を撮り続けています。千年画廊のホームページの矢掛便りのコーナーにいます。
似てますかな?
tag :

YouTubeで「トキジイと太郎杉」が聞ける?

2016-05-20
なないろ
QYouTubeで「トキジイと太郎杉」が聞けるとか?
Aはい、なないろハッピーライフというところで聞けます
Q内容は?
Aふらちゃとトキジイの関係がわかります
Qどんな関係ですか?
A頭から30分ぐらいのとこなので、聞いてみてください
tag :

トキジイと太郎杉の太郎杉はそんなに大きかったのですか?

2016-05-20
巨木の下の二人smaii
Qトキジイと太郎杉の太郎杉はそんなに大きかったのですか?
Aいやはや、おおきかったです。
Qどんぐらい?
A切株は、畳8畳分あったと
Q写真から大きさがよくわかりませんが
A写真の右下を見てください。モダンボーイとモダンガールが見えてきませんか?
Qあ、ほんとだ。帽子かぶってる
tag :

トキジイと太郎杉の帯

2016-05-20
樽口帯表
Qトキジイと太郎杉は、地元樽口の観光わらび園でも販売するそうですが、池袋モンパルナスの帯のまま販売するのですか?
A地元用の帯を作成中です。地産地消の文学をめざしているからです
Qこの顔は誰ですか?
A卯平の顔です。佐藤和美さんの祖先です
tag :

トキジイと太郎杉の跡

2016-05-19
太郎杉小
Q:トキジイと太郎杉は、本当にあったのでしょうか?
A:ありました。トキがすんでいたかどうかはわかりませんが、太郎杉はちゃんとありました。
tag :

アップされますかね

2016-05-19
トキジイ表文字 久しぶりなので、アップされるか不安です
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。