スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

優亞さん、みなさんに感謝

2012-01-30
観客
優亜さん、毎日休みなく3週間の個展を開いていただき、お疲れ様でした。
また、期間中おいで下さったみなさんに感謝いたします。
本来なら、動画をアップするところなのですが、優亞さんがビデオ持ち帰っているため、とりあえず、大石村ガレージ画廊の矢尾さんに送っていただいた写真をアップします。
八尾さんは、兄弟画廊「千年画廊」ができたことを本当に喜んでくれています。
こちらも、大変心強いのです。
 優亞さんも作品を中心にいろんな情報を発信しており、「ふらちゃ」シリーズへの引き合いや、お芝居のお誘いなど、いろんな話が舞い込んできているようです。子育てに追われながらも、一生懸命自分の夢を追いかける姿に共感します。
 お子さんも個展にはよく顔をだしてくれて、隣の八百屋さんの猫・大五郎と遊んでるうちに顔をひっかかれてしまい、思わず笑ってしまったら、そのことを覚えていて、宴会の時、今度は僕がこの子にひっかかれてしました。おかげで、僕の顔にはまだ、傷の痕跡が残っていて、素敵な感じ、涙流してるみたいに。優亞さんは「だから、猫なんて大嫌い」
と言ってましたが、次は猫の個展は、2月2日から猫の彫刻ばかりを1万個目指して作っている沼田勝吉さんの出番。世の中は、そんなことで動いてゆくものですね。
4月からはお子さんが小学校にいかれるため、千年画廊に来る日数は減りますが、
引き続き優亞さんに画廊をひっぱっていただかなければなりません。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
tag :

たこ焼きを学ぶ

2012-01-06
tako
さて、池三商店街でたこ焼き不動産をはじめられるかどうか、都内某所で行われているたこ焼きミュージアムに出かけた。まず、最初に試したのが、天王寺アベノたこ焼き「やまちゃん」だ。でかい。丸がでかい。銀ダコと同じサイズか。僕らが、餅つき大会の時に焼いたタコよりひとまわりも大きい。
千太:でかいですね。焼くのにどれぐらい時間かかるすか?
店員:最低10分はかかりまっせ。20分かかるのもありんす。
千太:へえ、そんなに時間がかかるんだ。中トロトロでしょう?
店員:それが、当店の自慢ですねん。トロトロあつあつの食感にこだわっておます。
   中が固くなっても味は同じですが、食感が全然違いまんねん。
千太:冷えたらどうしますの?
店員:それが弱みです。長くて20分しか持ちませんから、冷えたら自分たちで食べるか、
   まわりに上げるかしかないです。だから、お客さんの流れを見るのが大事です。

そうか、僕らが焼いたとき、中トロトロと中個体ができたが、中トロが正解か。
しかも、お客さんを10分待たせても平気なんだ。
見ている時は、ネギとタコしか入れていなかったので、こんなんでうまいのかと
思いきや、熱くて舌がやけどする寸前になりながら食べたタコ焼きのまいうなこと。
食後2時間してもうまみが舌に残っている。何もかけずにそのまま食べたのに。
パンフレット見たら、こう書いてある。
「毎朝4時から作られるスープは鶏がらベース。そこに玉ねぎ、キャベツ、ニンジンなどの野菜とパイナップル、リンゴなどの果物が10種類以上も加えられ、約4時間かけて煮込んでいく。それにカツオと昆布の和だしを合わせ、真似のできない極上の生地が出来上がる。特注の厚い鉄板でじっくり焼きあげると、スープに隠された素材が、香りとうまみが一気に放ちだす」
 10個で580円、これが高いか安いか。いやー、すごいすね。不動産屋をやりながら朝4時起きしてスープを煮込む。そして画廊も開ける。とんでもない苦難の道が待っているような気がする。

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。