スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

作品が入り始めました

2011-02-28
山本画伯虫
山本画伯と一晩語り明かした。
というのはウソで、12時ごろにはねてしまったのだが。
山本画伯に持ってきていただいた写真作品がこれ。
虫好きの僕には、昆虫に見えるのだが、みなさんは何に見えますか?
山本画伯の話はとても面白いです。
6日のパーティにはご本人がいらっしゃるので、是非聞いて見てください。

スポンサーサイト
tag :

千年画廊絵への第1歩

2011-02-27
メトロ口
千年画廊への第1歩は、池袋メトロポリタン口にでることからはじまります。
このエスカレーターを登ったところが出口です。
JR山の手線にも、メトロポリタン口の看板がありますが、
降りてきて、このエスカレーターの上がったところに行きましょう。
山の手線からだと、おりてきて左側で合流するはずです。
とにかく、外に出るところ=メトロポリタン口としましょう。


tag :

千年画廊、行く画廊、はい!ハロー

2011-02-25
tizu.jpg
妙齢の美女が、初めて千年画廊に訪ねてきた。
カズゴンの書いた地図を片手に歩いてきたのだが、
相当道に迷ったらしい。
迷ったポイントは、池袋駅メトロポリタンプラザ口。
でー!最初からあかんやんか。
目の前に、芸術劇場があるという地図がいかんかった。反省反省。
そこで、目の前は居酒屋ビルであることを明確に書き直しますた。
また、迷った時の電話番号が決まった。
千年画廊、行く画廊、はい!ハローと覚えてください。
03-5956(イクガロー)-8186(ハイはろー)。
住所は、西池袋4-8-20(シハニジュウ)です。
あすからは、池袋から千年画廊に続く道を、写真でアップします。
名付けて、ぐるぐる地図。池袋西南部の魅力をくまなく紹介します。
1日からぼちぼち営業です。
カズゴンも午前中から昼まではボランテイァやってます。
6日はパーティですので、お気軽に。
tag :

これは何だろう

2011-02-24
zengwen作品
「千年画廊」の題字を書いてくれた書家から、作品が届いた。
カズゴンの解釈では
「ひよこの小屋は、いつも静かで、河のそばで楽しむに値する」
と読めるのであるが、あってだろうか?
ひよこの小屋は、ピヨピヨうるさいような気がするが。。。
tag :

千年画廊の内部

2011-02-23
naib
千年画廊の内部ができはじめました。
画廊というと、美術館のように立って歩いてぐるぐる見るというのが一般的なのでありますが、
千年画廊では、どーんと座って見ることができます。
テーブルの上には、なぜかDJの機材が。
なぜ、こんなことになったかというと、カズゴンにもわけがわからないのです。
銀座ではないからとかいろいろ考えたのですが、まあ、ゆっくりじっくり見ていただいて、
楽しんでいただきたいということにつきます。
39人は座れるので、サンキューデイとしようと思います。

tag :

ついに看板に文字が

2011-02-22
画廊
入りました。
うれしいものですね。
4年前、ここで喫茶店を開業しようとした時は、まわりに助けて人が少なくて
挫折しました。
今は、いろんな人が支えてくれています。
音楽も字も、絵も。みんなボランティア。
感動しています。
何の才能も無いカズゴンも、がんばらねばと思うきょうこのごろです。
ちょくちょく問い合わせがはいるようになりました。
地図がわかりにくいと。
住所を書けと、電話番号を載せろと。
はい、徐々に進めます。
tag :

田園調布の秘密基地

2011-02-21
秘密基地
大田区田園調布といえば、大セレブ地帯だが、千年画廊の秘密基地がここにある。
この基地には時折あやしいおじさんたちが出入りし、新商品の開発が進んでいるのだ。
いったい何が?
それは、来月6日のオープニングパーーティにくれば実感できる手はずになっている、
はずだが。。。
tag :

平山郁夫展大盛況

2011-02-20
平山郁夫
 上野国立博物館でひらかれている平山郁夫展が大盛況らしい。
仏教伝来の道というタイトル。
日本で一番絵を売る男Kさんは、ここで複製画を売ってきょう一日だけで
相当な売り上げをあげたそうな。
Kさんにスーパーセラー?の秘密を聞いた。
「ラクダの絵の前にいる人に、このラクダ家にひいて帰れますよ」
というと、お客はしばらくして「あら、そういう意味だったの?」
と打ち解けるのだそうです。
それが勝負とのこと、わかるね全国の売り子さんたち。
tag :

5年前の松五郎

2011-02-19
mukasi
千年画廊の歴史を知りたい方もいるかもしれない。
そこで、5年前にタイムスリップをかけてみた。
この辺は、池三商店街と言って昔は結構な賑わいだったらしい。
ところが、池袋駅周辺にどんどこ商業施設がたち、シャッター街に。
実は、電気屋さんだったのです。ヤマダ電機とかできたら、もう太刀打ちできないね。
5号館と書いてある看板がすーどーばた美術学院5号館。
ちょっと前まであったお寿司屋さんが、この学校ができてから商店街に
客が来なくなったと嘆いていたっけ。
な、なんと八百屋の守り猫松五郎が、走っているではないか。

tag :

2011-02-18
アミンmini
6日のオープニングパーティには、aminさんが駆けつけてくれます。
彼女の歌はすごくいいです。
もう30人近く参加を表明していただいてるので、
会場に入りきるかちょいと心配です。
あすの晩、千年画廊に行って、椅子・テーブルを配置し
何人座れるか数えてみますね。
でも小さな空間の方が、親しく話せて僕は好きです。
tag :

千年画廊に続く道に突如

2011-02-17
東武
千年画廊に続く道に突如、東武ストアができました。
それでなくとも池三商店街はシャッター街になりつつあるのに、
どうなってしまうのでしょうか?
千年画廊の隣にある八百屋さん、そしてその招き猫「松五郎」の
運命やいかに
tag :

だんだんできてきました

2011-02-16
dragon
だんだんできてきましたよ。
しかし、室外機がでかいなあ。
観葉植物とバスアートでごまかすしかないか。
右側の白黒タイルのとこに看板ひっつけるからなあ。
大きな桜の木の幹の写真でもとって、貼り付けるか。

tag :

千年画廊看板

2011-02-15
看板
これが、千年画廊の看板です。
結構でかいです。
桜の木ですよ。
現在、書家の曽文さんが題字執筆中。
楽しみですね。
tag :

山本画伯と再会

2011-02-15
田人の牛

山本画伯と再会しました。
山本画伯は、いわきの「田人の森」というところに住んでいるそうです。
夏休みには、時々アートミーティングという企画で野外展示をしているとのこと。
ログハウスに住んでいて大人10人ぐらいなら泊まれるということなので、
千年画廊でツアーを組んで、お邪魔しようということになりました。
小屋のそばには渓流が流れていて、岩魚や山女がいるほか、写真のようなナスの牛が
歩いているそうです。
みんなでワイワイ遊びに行きましょう。
お、山本画伯も6日の千年画廊のオープニングには駆けつけてくれるそうです。
<写真は、いわきの秘密日記から拝借いたしました>
tag :

今日は雪

2011-02-15
今日は雪ですね。
ゆうべはバス停から自転車を押しながら、途中で乗って、よろよろしながら帰って
きました。でも、白い地面は心が洗われます。
3つの悩みはあるけれど、ひとつひとつ解決していきます。
千年画廊は、その解決ツールのひとつ。
tag :

心が痛みますね

2011-02-14
今、3つの問題でブルーになっています。
でも、あしたは30年ぶりに山本伸樹画伯に会えます。
千年画廊の立ち上げに係らなければ、こんな古い、青春時代の
友人に会うこともなかったと思います。

tag :

で、でかい!

2011-02-13
地図がでかすぎて半分しか見えませぬ。
ネズミを左クリックすると見れるから、ま、いいか。
tag :

全ての道は千年画廊へ続く

2011-02-13
地図

千年画廊はどこにあるのだろう?
なんて思った方に、場所を説明しますと、池袋です。
この辺は、住宅街なんですが、池三商店街といって
昔はたくさん店がありましたが、今は時代の境目。
既存の店はどんどん店じまいし、新しい店が3軒できてます。
一軒は千年画廊、も一軒は、隣のギター職人の店。
そして、行列のできるラーメン屋さんがすいどーばた美術学院の
はす向かいにできてます。
私は、この通りを勝手に「ミレニアム通り」と名付け、
発展を祈願してます。
それでは、3月2日にひっそりとオープンしてますので、
遊びに来てくださいまし。


tag :

2011-02-13
チベット女性

これがチベット女性の絵です。なぜ、キャンバス地を残したかというと、
デッサンのような味わいを出したかったのだそうです。
デッサンのような味わいってなんだろう?
tag :

2011-02-13
tag :

東強さんとの出会い

2011-02-13
画家の東強さんと出会いました。
電車の中で、チベットの老女の絵を解説していただきました。
一部に白いキャンバスを残したままの絵は、斬新だと評判とのこと。
「人間の頭脳は自分の存在を永遠ととらえがちです。
しかし、肉体は滅びていく。僕はその矛盾を描きたいのです。
この年になったら、売るための絵ではなく、自分の好きな絵を描きたいのです」
東強さんはおじいさんが文人画を描き、両親が画家という画家。
非常に参考になりました。
tag :

画期的商品

2011-02-12
きょうは、午前中は代々木でお勉強(受験生なんんです)、
午後から雪谷大塚で写真家に会ってきます。
千年画廊がお届けする「金のなる絵」「金のなる写真」の
試作品を作りに行きます。
夜は、門前仲町で不動産屋さんと一杯。
忙しい日になりそうです。
tag :

千年画廊オープンへ

2011-02-11
こんにちわ!カズゴンです。
西池袋すいどーばた美術学院5号館の隣に、千年画廊をたちあげることに
なりました。画家のみなさん、写真家のみなさん、ぜひ展覧会をどうぞ。
ご近所のみなさんもどうぞ。諸外国の方々もご遠慮なく。
オープンは3月2日(水)、オープニングパーティも6日(土)にやります。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。